(わたし)たちが生活(せいかつ)していくうえで、ごみは(かなら)()ます。では、このごみは一体(いったい)どこへいくのでしょうか。みんなで(かんが)えてみよう。

ごみのゆくえ

稲城市(いなぎし)狛江市(こまえし)府中市(ふちゅうし)国立市(くにたちし)家庭(かてい)から()たごみは、ごみ収集車(しゅうしゅうしゃ)(あつ)めて、クリーンセンター多摩川(たまがわ)(はこ)びこまれます。

地図(ちず)確認(かくにん)してみましょう。

クリーンセンター多摩川(たまがわ)は、稲城市(いなぎし)大丸(おおまる)という場所(ばしょ)にあります。
地図(ちず)(ほし)マークがついているところです。

クリーンセンター多摩川(たまがわ)()ろう

クリーンセンター多摩川(たまがわ)は、みなさんの家庭(かてい)などから(あつ)められたごみを()やしたり、(てつ)やアルミなど、再利用(さいりよう)できるものを回収(かいしゅう)するために(つく)られました。
ここでは、ごみを処理(しょり)するだけでなく、()やすときの(ねつ)利用(りよう)して電気(でんき)温水(おんすい)(つく)っています。
この施設(しせつ)がしっかりごみを()やすためには、ごみを種類(しゅるい)ごとに()けて()してもらうことなど、みなさん一人(ひとり)ひとりの協力(きょうりょく)がとても大切(たいせつ)です。

施設(しせつ)特徴(とくちょう)()てみよう

施設(しせつ)特徴(とくちょう)

1 ごみを()やして()たガスは、きれいにします。

2 ごみの(なか)から、(てつ)やアルミなどの、もう一度(いちど)使(つか)えるものを資源(しげん)として()()します。これをリサイクルといいます。

3 ごみを()やして蒸気(じょうき)(つく)り、発電(はつでん)をしたり温水(おんすい)(つく)ります。

もえるごみの処理(しょり)(なが)れを()てみよう

画面(がめん)をクリックすると拡大(かくだい)します。

ごみ焼却処理施設(しょうきゃくしょりしせつ)では、みなさんの(いえ)から()(なま)ごみや(かみ)くずなどの()えるごみを()やして、より安全(あんぜん)処理(しょり)をします。そして、ごみ()やした(ねつ)から電気(でんき)温水(おんすい)(つく)ります。

また、ごみを()やしたあとに(のこ)(はい)は、日の出町(ひのでまち)にある東京(とうきょう)たま広域資源循環組合(こういきしげんじゅんかんくみあい)で、エコセメントとして()まれ()わります。

エコセメントについてはこちらから(外部リンク)

もえないごみの処理(しょり)(なが)れを()てみよう

画面(がめん)をクリックすると拡大(かくだい)します。

不燃(ふねん)粗大(そだい)処理施設(しょりしせつ)では、()えないごみやテーブル、いすなどの(おお)きなごみを処理(しょり)します。その(なか)から資源(しげん)として(てつ)やアルミを()()します。

動画(どうが)学習(がくしゅう)してみよう

(うえ)画面(がめん)をクリックすると動画(どうが)再生(さいせい)します。

まんがで学習(がくしゅう)してみよう

画面(がめん)をクリックすると拡大(かくだい)します。

よくある質問(しつもん)

見学(けんがく)()小学生(しょうがくせい)からのよくある質問(しつもん)をまとめてみました。

よくある質問はこちらから

見学(けんがく)してみよう

クリーンセンター多摩川(たまがわ)はどなたでも見学(けんがく)することができます。

くわしくは、大人(おとな)先生(せんせい)()いてみよう。

施設見学申込みはこちら